Latest Entries

九九

鬼嫁と次男(2才)が、買物に行ったときのハナシ。

次男はアンパンマンのおもちゃを2つ見つけ、「これと、これにちよっと」と言って勝手にレジへ走っていったらしい。

そしてレジの店員さんに向かって叫んだ。

「ににんがち、にさんがろく、にしがはち」

見ていたオバチャンや店員さんに結構ウケてたらしい。


実は、長男の九九の歌のCDを車内で聞いていて少しだけ覚えてたらしい。

ちなみに一番九九を覚えているのは長女(4才)で、たまに長男のミスにツッコミを入れてたりする。
ちっちゃい方が記憶力が高いのかな~
スポンサーサイト



次男(2才)のヨーイドン

次男(2才)がカケッコのまねごとをしてた。
真剣な表情で、スタートのポーズをしている。
家族全員が固唾をのんで注目している。

そして叫んだ。




「いちにちゅいて~」



「よ~い」






「しょ」


家族全員、ドリフのようにズッコケた。

続・戦争

鬼嫁が文句を言ってきた。
内容は「いつまでも寝てる」とか、「休みの日にいない」とか、「子供の面倒を見ない」とか、いろいろ。

俺は言ってやった。

「いいか、お前、よく考えてみろ。
飛行機が爆撃してきたり、子供を徴兵されたりすることのないこの平和なご時世で、何の不満があるのだね。
お前の言っている不満は、ホンのちっぽけなものだ。
お前は幸せものなんだぞ。
そのあたり、わかっているのかね」


無視だった・・・・

戦争

今日は真面目な内容だ。

先日、DVD「男たちの大和」を見た。
映画の内容より、ほんの少し前の日本で戦争があり、自分の子供を戦争に行かせたり、空襲で簡単に死んだりする時代がホントにあったんだな~、今はいい時代だな~、っと強く感じ、子供たちに教えてやることにした。

わし:
「戦争って知ってるか?飛行機が突然飛んできて爆弾落としたり、戦いに行かされて海に落ちて死んだりするんだぞ~。おまえは幸せモンだ。そのあたりわかってるのか?」

長男:
「幸せだと思う。」

わし:
「だろう。だから任天堂DSなんて買わなくてよろしい」

長男:
「DSは、いる。」

わし:
「バカタレ!DSがなくたって、おいしいご飯は食べれるし、学校は楽しいし、あったかいフトンで寝れるし」

っとまで語ったところで長女(4才)がフォローを入れた。

長女:
「おとーさんは、おそくまで寝てるし、起こしても起きないし」

・・・全然的外れなんですけど。

ついでに長女にも教えてやった。
「昔、ヒロシマってところに、おおきな爆弾が落ちてたくさんの人が死んでしまったんだぞ。」

長女:
「なんで、そこに爆弾が落ちたの?」

わし:
「それは、船をつくる工場とかがあってね」

長女:
「パン工場のこと?」

・・・それはアンパンマンでしょ。
わし:
「違う違う、基地みたいのもの」

ここで次男(2才)が登場。
次男:
「ウルトラの父?」

わし:
「父じゃなくて基地」


うーん、もう少し教育の必要があるな。

次男(2才)がタメ口

次男(2才)が、わしのお好み焼きを食べた。

わし:「コラー、返せ!」
次男:「ごめんな」

2才のくせに、オヤジとタメ口かいっっ

更に怒ると、
次男:「ごめんなうるさい」
と答えた。
全然あやまってない・・・。

その後は、
「ごめんなウ○コ」
「ごめんなチ○コ」

うーん、問題アリ